Esthetique & College
 

Toropica

Blog

カックンときました↓(^^;)


カクンときました↓

こんにちは。1ヶ月前から、ホホバオイルにドライのセントジョーンズワート(オトギリソウ)を漬け込んでおり、

そろそろいいかなあと、ペーパーで濾してみました。

実は、赤いオイルを期待していたのです。

ところが、黄色のオイルができてしまって、、

調べたら、セントジョーンズワートの赤い色素は、つぼみから出る成分ヒペリシンということが判明。花とつぼみを漬け込んで作るのだそうです。

私は、花と茎と葉っぱの混合ドライセントジョーンズワートを漬け込んでおり、赤くはならないのでした。

あ~、なんだか、カックン!!

「ミユキちゃんて、いつも、すこーし外すよね」と、

夫から言われていたのを、思い出した原口美之です。(~~);

ちなみに、セントジョンズワートは、その赤い色から、血を連想させ、聖ヨハネ=St.john'sの処刑された時期に

花を咲かせることから、セントジョーンズワートとなずけられるようになったということです。

火傷。傷。皮膚の炎症。神経組織の炎症に効きますが、光感作が報告されており、塗布後すぐ直射日光に当たらないよう気を付けます。

【火傷のレシピ】

セントジョーンズワートオイル10ml

ロックローズ       0.2ml

ラベンダー・スピカ     1ml

ゼラニウム・エジプト   0.3ml

アルガンオイル     8ml  

一日3回、患部に2~8滴を塗布。

ということです。